おだわら市民交流センター「UMECO」 | 小田原市

文字サイズ
「移民・難民支援基金」公募開始のお知らせ

本基金は、日本国内の難民、移民、技能実習生、外国人労働者とその家族など、外国籍または外国にルーツをもつ人々の日本国内における様々な環境を改善することを目的としています。
日本国内で上記に関する支援を行っている非営利団体(任意団体も可)を対象に、1団体あたり上限80万円の助成を行います。
 
助成額としては少額ですが、難民申請者の仮放免の保証金にも充当できるなど、助成金の活用範囲が広く、他にはない柔軟な支援をできるのが特徴です。
また、技能実習生や外国にルーツを持つ子ども達への支援など幅広い活動に対応しています。コロナ対応経費も対象となっています。
こちらは緊急支援ではなく、1年を通した助成事業となりますので、継続的な活動に資する財源として、是非ともご検討・ご応募ください。
 
また、御団体の関係機関やネットワーク等を通して、ご活用いただけそうな団体様に広くご周知いただけますと幸いです。
お忙しいところ大変恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。
 
※以下、公募情報の概要になりますので、必要に応じてコピーしてメール転送等していただけますと幸いです。
**********************************************
◆「移民・難民支援基金」公募ホームページ
https://www.info.public.or.jp/refugees-fund

 ※応募要綱のDL、申請フォームへの入力はこちらのサイトからお手続きください。
 
◆プログラムの目的
本基金は、日本国内の難民、移民、技能実習生、外国人労働者とその家族など、外国籍または外国にルーツをもつ人々の日本国内における様々な環境を改善することを目的としています。
 
◆支援対象
日本国内で外国籍、および外国にルーツをもつ人々への支援を行っている民間非営利組織(任意団体も可)を対象とします。(※法人格のない任意団体も可)
 
◆支援内容
・1団体あたり 上限80万円
 
・採択団体数 4団体
 
・対象事業期間  2020年12月1日~2021年11月30日
 
◆選考方法
第三者の専門家による審査委員会を設置し、書面による審査を行います。
 
◆応募期間
202091日(火)~930日(水)
 

◆応募方法
「移民・難民支援基金」公募ホームページ内の申請フォームに入力してください。
サイトURL :https://www.info.public.or.jp/refugees-fund
※郵送やメールでの応募は受け付けません。
 
◆本プログラムに関する問い合わせ先
公益財団法人 パブリックリソース財団内
「移民・難民支援基金」事務局(担当:五十嵐)
E-mail:refugees.fund@public.or.jp
 
※弊財団ではコロナ感染予防のため職員全員が在宅勤務にて対応しております。
施設予約する
登録団体ログイン
市民会館外観写真

小田原市栄町1-1-27 TEL:0465-24-6611 FAX:0465-24-6633 開館時間
9時00分〜21時30分
(会議室・活動エリアの使用は21時00分まで)
休館日
毎月第1月曜日
(祝休日の場合は、その日以降の最初の平日)
年末年始(12月29日〜1月3日)