おだわら市民交流センター「UMECO」 | 小田原市

文字サイズ

助成募集について

神奈川子ども未来ファンドは、子ども・若者の育ち・子育てを社会で支えるために生まれた市民基金です。市民、企業・各種団体から寄せられた募金・寄付金をもとに、公募選考し助成しています。

これまでの助成実績については、助成事業のページをご覧ください。
 

子ども・若者や子育てに関わるNPOのみなさんへ

神奈川子ども未来ファンドは、子ども達が生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会をめざして活動しています。多くの市民、企業・各種団体等から寄せられた募金・寄付金を基に、神奈川県内で子ども・若者や子育てに関わる人が地域の中で育ちあう「場」を自立的に運営するNPO法人等の活動への助成を行います。

また、格差が拡大していく社会の中で、子どもや若者、養育者の悩みや思いを社会に伝える活動や、子どもたちに寄添い、苦しい状況を改善するために、子ども・若者、子育てに関わるNPOの専門性・迅速性・柔軟性を活かした事業プログラムにも助成を行います。
 

2023年度助成応募

2022年度助成の応募結果については、助成金募集案内をご覧ください。

一般助成の特徴

  • 神奈川県内で、子ども・若者や子育てに関わる人が地域の中で育ちあう「場」を開いている団体が対象です。(「場」を週2日以上、1年以上継続して開いていること)
  • 費目に制限はありません。人件費や家賃も助成対象となります。
    (ただし、応募事業に必要な経費であること)
  • 同一事業で、最長3年までの継続助成の可能性があります。(助成は、原則単年。継続は、報告と応募を年ごとに行い、長期的視点と計画性が認められた場合)
助成対象事業
  • 子どもや若者の育ち・子育てに関する課題・テーマに対する先駆的・実験的な取組み
  • 活動の充実・改善に向けて、組織運営の課題解決や活動基盤の強化を目的とする取組み
  • 子どもや若者の育つ地域・社会の環境を育てるために、複数のNPO等が連携して取組もうとする新たな事業等

課題助成(いじめ・貧困・児童虐待防止)

  • 「場」が無くても、応募できます。
  • 費目に制限はありません。人件費や家賃も助成対象となります。
    (ただし、応募事業に必要な経費であること)
 
助成対象事業
  • いじめや児童虐待防止、貧困(子どもの抱える経済的貧困、経験の貧困、関係性の貧困など)に寄り添う事業全般

助成金募集案内

応募要項・用紙
募集要項・手引き・応募用紙はこちらからダウンロードしていただけます。
応募締切
  • 2023年1月25日(水)当日消印有効

第7回UMECO祭り

市民会館外観写真
小田原市栄町1-1-27 TEL:0465-24-6611 FAX:0465-24-6633 開館時間
9時00分〜21時30分
(会議室・活動エリアの使用は21時00分まで)
休館日
毎月第1月曜日
(祝休日の場合は、その日以降の最初の平日)
年末年始(12月29日〜1月3日)